下の画像は撮影してはいけないかも知れないですが(汗)撮っちゃった鍾乳洞内部の画像です。
ここは一番奥の広間みたいな所の1つ手前の水琴窟設置場所という所です。
中は所々に画像にもあるような20W〜40Wの蛍光灯がついてるだけで、あまり明るくはないんです。
自然の鍾乳洞をほぼそのままにしてあるので、階段や通路は狭くて低くて、かがまないと通れない所もしばしばです。
中はかなり涼しくて夏場はとても気持ち良いです。

この後、奥にある一番広い所へ行き、そのまた奥へ行こうとした瞬間!!!
目の前がいきなり真っ暗!!

小さい頃に1度来た事がありますが、微かに覚えてるけど、ほとんど記憶無し・・

噂のうどんを食べに!&松姫峠&鍾乳洞

起きたら前の日の予報よりも天気が良さそうなので、前々から食べたかった吉田うどんを食べに10時半頃出発!
中央高速を使い、途中変なインプに絡まれながらも順調に走り、談合坂SAにて休憩。
ボルテックスジェネレーターを付けてから初めてのドライブでなんかワクワク!
エボでの高速巡航は本当に楽で快適で大好きですね、風切り音もあまりしないし
6速のままアクセル一踏みで追い越し出来ますしね!

河口湖ICまで順調に走行し、お目当てのお店へ
以前。ドライブレポの先輩の所で紹介されてから、食べたかった吉田うどん!
今回は色んなお店があるみたいだけど、最初なので有名な「美世川」へ行って来ました。
場所は富士吉田警察の前、タイヤ館の隣の奥まった場所です。
着いた時間がお昼時だったので座敷はほぼ満席状態。でも何とか座れてラッキー!!
今回食べたのは、肉天うどん(画像撮り忘れ) 400円!安い!
噂通りの凄いコシでアゴが疲れそうなくらい・・・そして美味しい!! 
量もそこそこあって、つゆの味もあまり濃くなくGOODでした!

美味しいうどんを食べ139号線を大月方面に進行中、「白糸の滝」という看板を見つけ
ナビと地図で調べて見るとそんなに離れてないので行って見る事に・・・139号線を左折し
富士急行の線路の下を通りどんどん山の中へ・・・進んで行くに従い道幅もクルマ1台が通行
出来る幅ぐらいしかなくなり、気持ちも段々不安に成ってくる・・・(@_@)
かなり進んだ時に「白糸の滝・駐車場」という看板がありその案内通りに進むと、下の画像の所に着きました。
ここが駐車場?クルマ2台止めたらもういっぱいです(笑)目的の滝はここからさらに
徒歩で5分とのこと・・・・えっ!・・・歩くの?そこで、どうしたと思います?
そうです、行きませんでした!(~o~) だって気温30度以上だし、カッタルかったもんで・・・
ここ来るまでかなりの狭い山道通ってきたしぃーー
というこで、根性なしの自分はそそくさとエボに乗り込みました。

かなりの山奥・・・虫も凄い

謎の?白糸の滝を後にして、139号線を小菅村経由、奥多摩に向けて走る・・・・
途中これが国道???っていうぐらい細い所を走りながら来ると、道幅も広く景色が良い所にきたので
景色を見ながらエボと一休み・・・・うーん、空気が美味しい〜(^^♪
10分ぐらい休憩していたけど通行するクルマは1台も無し〜

かなりのワインディングの松姫峠を抜け、小菅村に到着。看板があって駐車スペースもあったので止まってみた。
画像の奥に見えるのがトイレ。2個あるが1個はドアが開かないみたい・・・ここはただ居るだけで虫がブンブン
飛んできて大変です・・・エボにもバンバン当たってるし・・・・乗り込む時も中に虫が入らないようにするのが大変・・・

左の場所から見える山々・・・緑がキレイだなぁ〜(^^)

小菅村の入り口みたいな所の村の
案内が載ってる看板。
エボが止められたので、取りあえず1枚。

棒の間の4色のは何を表してるのかな?

小菅村から411号線を通り奥多摩湖を抜け、青梅線・奥多摩駅の交差点左折して日原街道を
日原鍾乳洞の案内に従い、ひたすら奥へ進んでいきます。この頃天気は大雨で視界もかなり悪く
道も狭く成って来たのでかなり気を使いながら、自然そのままの日原鍾乳洞に着きました。
他に観光客は1組のカップルしかおらず、自分が入る頃にはそのカップルも出て来たので
広い鍾乳洞を貸切状態に成ってしまいました。(笑)
自分だけに成ってしまった事でこの後、悲劇が待っていようとは・・・・(@_@)

ドライブTOPへ

何か出そう・・・(>_<)

凄い雰囲気でしょ・・・

この後は八王子のミツビシのディーラーに寄ってアイスコーヒーをご馳走になり、帰りましたとさ・・・・

みなさん、洞窟や鍾乳洞に入る時は非常用の明かりを持って入りましょう〜(~o~)

信じられます?鍾乳洞で電気消えたんですよ!!もう、ビックリなんてもんじゃ無かったです・・・
最初は自分の目が見えなく成ったかと思っちゃいましたが、次にうっすらとほのかに残る蛍光灯の残像が見えたので
これは照明が消えたんだと・・・・えっ!?ウソ?マジ?ここでかよ!!何も見えん・・・・やばい死ぬ・・・
とか色んな事を一瞬の内に考え、次にマジで外に出る方法を考えなくっちゃと思い、まずは明かりをどうするか?
自分はこの時ライターを持ってたので、そこでまず一安心・・・次に連れが携帯を持っていたので二安心?
あと、鍾乳洞の案内の紙を何枚か持ってたので、それを燃やせば少しは明かりに成るなとか
今まで来た方向が解ってたので地図を見ながら何とか出れるかなとか考えてました・・・
あっそうそう、ここは観光地に良くある非常口の案内なんて緑色の看板はありません。

ここまで考えてる間の時間は、真っ暗に成ってから大体1分ぐらいだったと思います・・・
何とか少し落ち着きを取り戻した頃、やっと照明が復活したんです・・・(涙)
この後はもう一刻も早く出る為に出口に向かった事は言うまでもありません・・・

なんで消えたかは解りません・・・入る時に切符売り場に居た、おじさんに文句を言おうと
思いましたが出た時には変なおばさんが居るだけだったので、文句は言いませんでした。

う〜マジで死ぬんじゃないかと思ったぁ〜

なんと!内部の照明が全て消えたんです!!!!

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー